名づけ 姓名判断

子供の名づけで一番大切なことは、ご両親がかわいいお子様に、こんな子に育ってほしいと願いや想いを込めて、名前を考えられる事です。
親がお子様のことを理解できるよろこびと、
お子様が親に理解してもらえるという幸せを共有できる名前にしたいものです。

親がよかれと思ってしている働きかけが、子供にとって負担になってしまうことは多々あります。
子供を愛する気持ちがどんなに強くても、気持ちのすれ違いが生じてしまうことはあるでしょう。
それが一生付き合う名前で生まれてしまっては、とても不幸なことです。

あるネット掲示板で相談された方は、「人の名前に使われることのない」「何度も聞き返される」名前をつけられ非常に悩んでいました。
いじめられたこともあったようです。
親になぜその名づけをしたのか聞いたところ、「聞いたときの音が気に入ったからだ」と答えられたそうです。
結局その方は、成年になったときに一般的な名前に改名するようです。
私の名前は、キラキラネームです。


また、就職の際にも好印象を与えないようです。

大手企業役員 「正直キラキラネームの学生の採用ためらう」

こちらの記事のなかで、ある大手メーカー役員の方はこう語っています。
・「いいにくいことだが」と前置きし、「そういう名前を付ける親御さんの“常識”はどうしても本人に影響してしまうからね」

一般的な名づけの注意点は、つぎのことを試してみるとわかりやすいです。
呼んでみる
 声に出して呼んでみてください。すっと言葉が出てきて、また、聞き取りやすい名前がいいでしょう。
書いてみる。
 画数が多すぎないか。姓名ともに画数が多いと書くのも大変ですし、イメージも重たくなります。

ほかにも、名づけの際に気をつけることは、
間違われやすい姓にはわかりやすい名前がいいです。
姓も名前もむずかしいと、人に覚えてもらうのも難しくなります。
いかにも当て字というのも、字と音のイメージが一致しないので、他の人にわかりにくくなります。
あやかり名にも注意が必要です。
著名人にあやかってつけられるあやかり名ですが、名づけた時点では非常にプラスのイメージでも、後の不祥事などでマイナスイメージがつくことがあります。

一生つきあう大事な名前です。
赤ちゃんの人生を考えながら、いい名前をつけてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。