姓名判断 赤ちゃん

戸籍法第50条に「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない」とあります。
赤ちゃんの名前に使える漢字は、常用漢字と人名用漢字になります。
常用漢字や人名用漢字は時々見直しされていて、追加になったり使えなくなったりするものが出てくるので注意してください。
名前に使える漢字の最新の情報は、法務省のホームページに記載されているので、確認しておくのがいいでしょう。

赤ちゃんの名前にはひらがなとカタカナも使えます。
それ以外の字を名前につけた場合は、出生届は受け付けてもらえないことに法律で決まっています。

じつは、赤ちゃんの名前に使える漢字に制限はあっても、読み方に制限はありません。
漢字の読み方に関係なく、読み方を指定することができます。
極端な例を挙げれば、「太郎」と書いて「はなこ」と読ませることもできます。
いわゆるキラキラネームとかDQNネームは、このことを利用して名づけられています。

それから、漢字には音読み、訓読みのほかに、名のりという読み方があります。
これまでの名づけの歴史の上で、名前として使われてきた読み方です。
漢字辞典にのっていますので、参考にしてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。